HOME

  • 土地の分筆、合筆、地目変更などの登記
  • 筆界(境界)確認、敷地測量・真北測量など
  • 建物の新築、増改築、滅失(解体)などの登記
  • 農地転用・開発行為など官公庁の届け出に関すること

 

ご挨拶

上條利章土地家屋調査士事務所は長野県松本市を中心に県内全域を幅広く業務しています。土地家屋調査士とは土地や建物の実態を調査し、また、境界や地籍問題を探求する国家資格の不動産関連の法律専門家です。

私は松本で生まれ、大学4年間を県外ですごしたのちに県内の総合建設業に現場監督として就職いたしました。その就職期間中に一級建築士と一級建築施工管理技士を同僚の助けを借りながら独学で取得することができました。建設会社を7年務めたのちに土地家屋調査士の資格を取得し、平成13年に開業。開業当初から現在に至るまで諸先輩方やお客様に叱咤激励され支えられながら、健康だけが取り柄だった私も何とか今日まで続けさせていただいています。
土地・建物の測量、法務局への登記、境界確認などのほか、農地転用、開発行為などに関する業務のお手伝いなども致します。その他不動産に関する売買や相続、親族間での財産分けなど、大小かかわらず日ごろ気になっていることがありましたら何でもお気軽にご相談ください。設計事務所、不動産会社、建設会社、太陽光発電会社などのほか、ご要望に応じて関連業務各社をご紹介することもできます。何でも屋ではありませんが、仕事のついでにお手伝いできることがあれば何なりと申し付けください。

長野県内は北から南までどちらでも、地元に根ざす事務所として県内どこにでも伺います。

HPgazopu3HPgazopu2

 

 

 

 

 

infomation

2017.11.25  ホームページ開設いたしました